手相の結果はほくろに左右される|意味を知っておこう

自分で運勢を切り開く

手に隠された運命

ストーン

占いといえば、手相占いが有名です。
通常の手相占いは、手の平にある複数の線を見て占うもので、生命線や運命線などといった線を元に占います。
手相占いでは、手の線以外にも「ほくろ」で占うほくろ占いがあります。
手の平のほくろの位置で運命を読み解く占い方法で、その位置が象徴するものが人生に刻印されているという考えの元、考え出された占い方法です。
実は、ほくろには2種類あり、黒くて艶のある膨らんでいる「生きボクロ」と、色素が薄く平らな「死にボクロ」があります。
色や大きさ、形も様々ですが、生きボクロは吉祥ほくろで死にボクロは不運を表しています。
例えば、親指の第一関節より上にあるものは姉御肌の性格になります。
人差し指だと神秘的、中指だと短気、薬指だと周りが見えない、小指だと無口です。
指でも第一関節、第二関節、第三関節とありますが、それぞれの位置によって意味するものは異なります。
また、指の付け根や手首に近いふっくらとした部分など、手の平でも場所によってその意味は異なります。
初対面の人など相手の性格を知りたい時に確認すると、役立つことがあるかもしれません。
手相が日々変わってくるように、ほくろも日々変わっていきます。
人生に様々な出来事が起こったり、年齢によって性格が変化すると、同時にほくろにも変化をもたらします。
その時の環境などによっても大きく変化することがあるので、定期的に自分のほくろをチェックしてみましょう。
最初の頃は色が薄くて平らな死にボクロでも次第に濃くなって膨らんで生きボクロになることもあります。
運命は切り開いていけるので、常にほくろの位置と色を意識して心構えを持っておくと良いでしょう。
運勢を変えたい時には、望む位置にペンでほくろを書き足しても構いません。
ペンで書いたほくろでも効果を発揮するので、自分の手で自分の望む人生を目指しましょう。

部位で違う意味を持つ

手相

ほくろは皮膚にできるものなので、身体のいろいろな部分に生じますよね。
しかし、手に生じることは珍しいとされています。
手といっても手の平・手の甲・指などがありますが、手相的に見るともっと細かくほくろが生じた部分をみていきます。
例えば、手相では手の平の丘の話がよくされますが、ほくろが手の平に生じた場合はどこの丘にできたかで意味が異なってきます。
基本的には手にほくろができると強運といわれていますが、丘によってどのように強運なのかを具体的に知ることができるのです。
まず、火星平原と呼ばれる手の平の中央部分があります。
その丘にあるほくろは福つかみと称され、つかんだ福を逃さないと運を持つとされています。
金運の良し悪しにも関係しているとされています。
さらに生命線や知能線に触れていないものは、より強い運を持っていると言われています。
指にあるほくろについてですが、指に生じるものは手の平に生じるものと同じくらい珍しいともいわれています。
精神的な安定や生活が安定する運気が流れてくるとされ、素敵な人や幸運を呼び寄せる可能性を示すそうです。
各指でそれぞれの意味があり、指の先から第一関節の間、第一関節から第二関節の間、さらに第二関節と手の平の間でも意味が変わってきます。
人相学的には色の濃さでもいわれますが、手相では色より部位でみることが多いようですね。
手相については不確かな面もありますが、話題性や自身の成長または改善のためには役立つ内容になることでしょう。
信じ過ぎは禁物ですが、手にほくろがある方は手相学に基づいて手のほくろについて知ってみるのも良いかもしれません。

場所で変わる意味

タロット

手首の部分にほくろがある方は、手相でも一定の解釈があります。
手相の解釈では、ほくろが手首の内側と外側のいずれにあるかによって、全く意味が異なると捉えます。
手相学では、ほくろがある場所によって意味を解釈しており、手首の場合もほくろの位置がチェックポイントです。
手のひらの延長となる手首の内側の部分は、手相でも重要な部分と考えられています。
この部分は地丘と呼ばれており、その方の親や先祖との関わりが現れてきます。
地丘にほくろがある場合は、親や先祖との関係に問題が生じる可能性があると解釈されます。
一般的にアンラッキーとされる相ですが、自身の行動次第では問題を避けることも可能です。
外側の甲に近い部分にあるほくろは、内側とは逆に良い意味を持ちます。
この部分にほくろがあると、才能や技術に恵まれ色々な場面で活躍出来る可能性が高いです。
カリスマ的な魅力もありますが、目立つことが却って仇になることもあり、人との付き合いにおいては慎重になることが必要です。
ほくろは、現れた場所によってラッキーにもアンラッキーにもなります。
意味合いを解釈をする際には、こういった手相のルールを理解しておかないと、逆の意味に解釈してしまうことが出てきます。
ほくろは、後から現れることもありますので、運勢のチェックはこまめに行うのが吉です。
プロの占い師は、手のひらだけでなく、手首や指先も含めて手相を鑑定します。
運命を知る手掛かりは、手のあらゆる部分から得られます。